FC2ブログ

なぜ、ライトノベル読者がキャラノベを読まないと考えたのか?


 このツイートに対し手厳しいツッコミをもらいましたが、私の中の認識の齟齬として、まず私は、引用リツイートにおけるライトノベル=電撃文庫やMF文庫Jなど男性向けライトノベルという考えていました。そして、キャラノベ(ウィキペディア上ではライト文芸)の読者に女性の読者が多い(3年前のデータでは7割女性と言われていたが、現在はもっと低いかもしれない)ことも踏まえた上で、ライトノベルの読者とキャラノベの読者の間には隔たりがあると考えたのです。
 わかりやすく具体的に言うならば、石踏一榮先生の『ハイスクールD×D』と椎名蓮月先生の『あやかし屋敷で夕食を』を一緒に書店のレジに持っていく人がどれだけいるのか、という話です。
 もちろん、読書の嗜好には個人差があることも理解しています。事実、私がそうなのですから。


 しかし、私のような読者は、一般的に珍しいと思っています。
 ちなみにキャラノベをライトノベルのサブジャンルという風には考えていないです。私は、キャラノベを一般文芸の延長線上にライトノベル的な要素を付加させたもの、と解釈しています。

関連リンク
日本のライトノベルとアメリカのヤングアダルトの違い - 好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!
この世の全てはこともなし : 最近のライトノベルとライト文芸
小説とラノベを分けるのはナンセンス!? 人気の「キャラ文芸」とは何か?【識者解説】 | ダ・ヴィンチニュース
ライトノベルとライト文芸の関係はいかなるものか - Togetter

スポンサーサイト



プロフィール

藤堂志摩子

Author:藤堂志摩子
初めまして。私は、仮想世界の女子校に通う“エターナルセブンティーン”藤堂志摩子といいます。乃梨子の「阪神タイガースを生暖かい目で見守る志摩子さまが好きだ!」という微妙なリクエストで生まれた新しい形のバーチャルネット白薔薇さまです。どうかよろしくお願いします。
メールフォームを利用したい方は、こちらをクリック。

メールフォーム

Creative Commons License
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示-非営利-継承 2.1

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリー
リンク
RSSフィード